iro・いと・ito diary   

糸を紡いだり 染めたり 織ったりの日々を綴っていきます

iro

1/17

 

この色

f:id:iro-hanaoto:20180117074148j:plain

魅惑的なiroに魅かれる

 

自分では巻かない色ですが

挑戦してみようかなぁ・・・

自分の好きな色系を選んでしまうこの頃

なんでもトライしなきゃ面白いものは生まれないよね。

f:id:iro-hanaoto:20180117074233j:plain

来季に向けて少し色を増やしてみようかな。

 

 

 

仕事はじめ

1/5

 

いつも糸を仕入れてるお店からの

f:id:iro-hanaoto:20180105162455j:plain

お年賀です。

ありがとうございます^^

わが家の仕事はじめでいただくお茶の定番となり

今年も<めずらしいお茶だなぁ>と相方。

身体も温もり・・お仕事に行きましたよ。

 

そのお店のご主人に こんな糸で織ってみては?と

助言をしていただいたりするのですが

なんせ・・・・時間が足りません??!

時間は自分が作るもの!と昔はその通り実行できて

いたのですが。

どこでどう違っているの?

そうそう・・・常に動いていたんでしょうね。

母に 家でも走って(小走り)るんだね といわれ

ビックリしたことを思いだします(笑)

 

常に

あれして これして・・と。

今は

う~ん ちょっと休んでから(笑)

そうです!この違い 大きい!

お正月から 反省してます。

今年は 少し走るかな??

 

追;以前も時間が足らないと書いた事が・・

  お恥ずかしい限り

春の海

1/4

 

澄み切った青空で

今日はすっきりと写る!と出かけた

いつもの山。

f:id:iro-hanaoto:20180104140302j:plain

 

反対側は

逆光ですが

f:id:iro-hanaoto:20180104135105j:plain

春の海ですねぇ

やっぱり・・・なんとも言えない空気感

それに

今年は 靄 が

好い色で漂ってる

f:id:iro-hanaoto:20180104135234j:plain

時間が止って・・しばし自然の中。

2018年も好い年でありますように^^

 

 

 

誠に・・

12/30

 

皆さまへ

お買い上げいただいた皆様

メッセージをいただきました方々・・

とっても嬉しい一年でした。

f:id:iro-hanaoto:20171230195804j:plain

誠にありがとうございました。

そして

来年は念願の新しい機で

織に向かっていきたいと思っております。

基礎を一から勉強しつつ・・・新しい一年を

充実の一年に。

 

 

f:id:iro-hanaoto:20171230201049j:plain

 

追:モデルさん ありがとさん!

  長いお付き合いですが・・これからも末永く

  お付き合いを^^

 

 

時間が空いたら

12/27

 

不出来

織り終わり・・・・大きなため息だったのが

思い起こされた一枚。

縮絨してとっても

ぬめり感も柔らかさも手触りもスベスベ!完璧な

f:id:iro-hanaoto:20171227202019j:plain

出来具合・・・・色が違って写ってるけど

織り間違いが謙虚(笑)に出てて・・・。

昨年の試作をひっぱりだしたけどやっぱりこれ好きだなぁ

時間が空いたらこれ織ろうかな。

 ・

 

 

 

 

写す

12/19

色が正確に出ないんです・・

一眼レフカメラなんですが要するに下手みたい・・

f:id:iro-hanaoto:20171219223733j:plain

というか 理解していない。

色を変わり(´;ω;`)ウッ なく…だしたい!

カメラ同好会にでも入ろうかな・・・・・・・はぁ・

 

 でもそんな暇ない

織らなきゃいけません。

 

 

 

 

かすみ

 

12/3

用事で島に行ってきました。

天気が良く車の中は上着がいらないくらい

でも海には霞んでいてハッキリと島々がみえないのよね。

f:id:iro-hanaoto:20171203214601j:plain

いつも海は見慣れているけれど

島々が違うので楽しみにしてたんだけどなぁ

ちょっとがっくり_| ̄|○

f:id:iro-hanaoto:20171203220025j:plain

波を眺めて

お茶をのんで

しばらくお陽さんを浴び

(日焼けが・・シミが(笑)・・なんのその)

そしたら 気分上々!

好い場所みっけたし・・また来よう

 ・

 ・

帰ってまた機に向かうとするかね。