iro・いと・ito diary   

糸を紡いだり 染めたり 織ったりの日々を綴っていきます

やり直し

5/21

 

f:id:iro-hanaoto:20180521193308j:plain

爽やかな6月の花嫁に・・

 

ミシン掛けが失敗でした・・・トホホ

ほどいてやり直しです。

ちょっと手を抜きましたです・・ハイ

やはり最後まで丁寧にですね。

 

カラカラと

5/10

 

とても寒かったり・・・

暑かったり・・・雨ばかり降ったり・・

気候の変動が大きいと日が経つのも早い?

蓬もそろそろ染め時

宵待ち草も・たんぽぽもたくさん採ってきた。

そうだ!  

ドクダミも桑もそろそろだ・・

気ばかり多くて・・とりあえず蓬からだね。

そんな中試し織り

新品のシャトル^^  使いやすいんです。

カラカラと軽い音で糸がとびま~す

 

f:id:iro-hanaoto:20180510172855j:plain

今までシャトルはシャーっと飛ぶという言葉がぴったりのもの

このシャトルは・・カラカラ と軽く気持ちが好い

握ると優しい。お気にいりとなりました。

 

 

 

お終い桜

4/18

 

お客様が名付けてくれた<お終い桜>

なんて 心惹かれる言葉なのかと思ったものです。

 

f:id:iro-hanaoto:20180418224400j:plain

ピンクができ切り少しオレンジ系です。

でも

このシルクチーフが出来上がると

うすい・・うすいお終い桜色になるでしょう・・。

最後まで色をいただきました。

これが終わると今度は

桜染め糸での織りです。

落ち着いた大人のストールになりそうです。

 

 

 

そっとして

4/1

 

花見ですごい人

たまたま運よく駐車場に入れたのはいいのだけれど

桜の下は人 人 

これも運よく 屋根付き休憩舎があいていて

お弁当をいただいてきました~

奥を眺めると

f:id:iro-hanaoto:20180401221538j:plainこの場所は一目見て惚れた(笑)

<そっとしといてよ>って声が聞こえそう

 

うしろではにぎやかな花見ですが ここは別世界のような

雰囲気で見惚れてしまいました。

好い色をもらい 見惚れるほどの景色を見られて

充実な春です。

 

 

 

 

 

sakura2

3/26

 

桜染めに浸っているけれど

昨日は杏まつり

f:id:iro-hanaoto:20180326180337j:plain

たくさんの人で車での出入りが大変・・

出たは良いけれど帰りが中々たどり着けずでした。

f:id:iro-hanaoto:20180326180808j:plain

そんな日も

チーフが無くなったのでキッチンタオルに染液を吸わせてみた。

無媒染だととっても赤みのあるピンクなんだけどなぁ

そんな事を思いながら

ありがとう ありがとう・・私のところへ来てくれて(笑)

自分の子供みたいね。

失敗もするけれどこんな楽しい事もある今日この頃。

 

 

 

sakura

6/25

 

杏が過ぎ

桜の季節となりました

f:id:iro-hanaoto:20180325190914j:plain

今年はとってもきれいです!

糸も布も手元にあるもの染めちゃいます

丸一日台所に立ち・・

それが3日も4日も・・・・適当にすれば良いのだけれど

どうも気がぬけな性分らしい(笑)

f:id:iro-hanaoto:20180325191245j:plain

これだけ違う色に・・

おなじ桜枝です

f:id:iro-hanaoto:20180325191356j:plain

お鍋が色で汚くなるくらい・・・でも色が出てるっていう証拠

アルカリも何も使わず水だけです。

植物ってすごいですね。

桜もちの香りと色で癒される毎日・・疲れるけど贅沢^^

 

 

 

f:id:iro-hanaoto:20180313220138j:plain

わざわざ杏の枝を切って届けてくれました。

さっそく煮出しますね^^

ありがとうございます。

 

今年の色

f:id:iro-hanaoto:20180313220446j:plain

一番色は黄色みなど雑色が強くて捨てました。

これは3番色。

さあて・・・・4~5日して染めますよ。

染め初めはいつも緊張します(笑)

だって澄んだ好い色に染まらないともったいない!

せっかくいただいた杏だものね。

夏過ぎには熟した杏の実を・・

枝からは染料をいただきます。